2013年02月28日

CMSサイトで記事を書くと同時に新着お知らせメールが届く

ブログを投稿すると同時に会員読者に届く新記事アップ情報メール

Joomla CMSを使って記事を書いてきた。そして、いつも思うことは書いた記事をもっと積極的に告知する方法がないかであった。

FacebookとTwitterに同時投稿

既にJoomlaサイト構築専門サービスでは、記事を書いて保存すると同時にFacebookとTwitterに記事の一部が連動して投稿される仕組みを作っている。

ただ、

メールにまだ連動していない。サイトでは、「Joomlaについての情報メルマガ」を米国のメール配信企業MailChimpを使ってHTMLメールを配信している。現時点でJoomlaのサイトの記事投稿と連動できていない。

これを連動させる有償エクステンションがあるというのでそれを入手してメールで新着記事お知らせメールを読者に届けようと考えている。

これが完成すれば、Joomlaで記事を書けばFacebook、Twitter、そして、メルマガ読者にも同時に新着記事のお知らせが届く。

MailChimpのメール配信システムは、独立してメルマガを配信できるのでJoomlaのサイトで記事を書かなくても必要に応じてメルマガを発行できる。

これからのホームページは、CMSが中心になるのは分かっている。

それに、ソーシャルメディアとメールマーケティングが連動する。それを可能にすることが、Joomlaをカスタマイズすることで出来る。

3月中にJoomla 3.1.0がリリースされる。Joomlaは、どんどん進化していっている。

  


Posted by Goyat LLC at 15:41Comments(0)Joomla CMS

2013年02月07日

Google検索で表示される自分の記事と顔写真

Google検索で表示されるページ著者写真

Google +で登録をして著者情報設定を行う。Joomla CMS側でもこれに対応する設定をする。

ただ、

Joomla CMS側の設定が今イチ上手くいかないのだが、こちらの画像のようにGoogle検索で表示されている。

これをやったからといって検索表示順位が極端に上位に上がったということは感じていない。なぜか、順位が下がったような・・・・?別の要因か、上下の並なのか。まあ、そんなことは今は問題ないとして・・・

検索サイトで自分が書いたページに自分の顔が出るということは、このページ情報は私が書いたものです。書いた内容の責任は、私にありますよ!と宣言しているようなものである。

パーソナルブランディングの用途で効果的

法人サイトやアフィリエイトサイトなどでは、自分の顔を出す人はいないだろう。意味が無いから。多くのホームページユーザーは、自分の顔を検索されたページに出したいとは思っていないはずだ。

そのため、ごく一部の方々(SEO関連)がこの設定をホームページに適用している。

コンテンツマーケティングを実践するユーザーは、多分、自分が言っていることに責任を持つという意味合いでGoogle +の著者情報設定を行うことになるだろう。信頼性を高め、信用を得るためにこのページの責任は、私にありますと言わざるをえない。

コンテンツマーケティングの雑学

  
タグ :Joomla